©Logo Design Saizo&Islay Takata

  

塩の町 尾道に半世紀振りに誕生した製塩所

『 天空の塩パピタ®︎ 』

買うほうがはるかに安い塩を

なぜわざわざ時間やお金や労力を掛けつくるのか?

地に根差した料理を語る上で調味料の祖である塩を

地元の海水から作る事はあくまでスタートライン。

何より『鯛の浜焼き』の存在無くしては語れません。

尾道で300年以上の歴史を誇る郷土料理 鯛の浜焼きを2011年から製造しており、

唯一使用する調味料が『塩』。鯛は勿論のこと、塩こそ地元のものを使いたいと

強く思うようになったことから2016年より小規模の製塩を行って参りました。

6年間の試行錯誤を経て、これならある程度の規模感を持って継続的に取り組めると覚悟が決まり

2022年1月3日より自宅屋上に天日製塩所を建設し、今に至ります。

現在ではお店で使用する全ての塩は勿論、販売しております鯛の浜焼きにも全量使用しております。


『安い』という理由だけで遠い産地のものや輸入に頼るのでは無く、

地元で生産できるものは自分たちで作っていく未来。

小さなことですが、とても大切なことだと思うのです。




天空の製塩所

製塩所を屋上に建設した理由として太陽光の恵みを存分に享受でき、虫の異物混入も無く、地上に増して夜間冷気による寒暖差が日中と生まれる事で味わい深い塩づくりに適した場所だからです。原料となる海水は工業汚染も少なく、海底湧水が湧き多様な生物も棲む向島 立花海岸にて最もエネルギーが満ちた満月の大潮時に毎月1000~1500ℓ汲み上げ製塩ハウスの中で天日でじっくりと完全天日塩を作ります。床面には純綿100%正藍染め備後絣を敷き詰めています。持続可能かつ聡明な塩づくりを目指しております。(2022年度は約300kg製塩)

 

製塩土器による独自製塩製法

古代の土器による製塩方法をオマージュし、私が自ら採掘した三原市深町の田圃の下の土と福山市本郷町の山土を練りこんで焼成した製塩土器150枚(向島東製陶所 惠谷幸史さん作:写真右)を天空の製塩ハウス内に敷き詰め一皿に満水で約4ℓの海水を満たしじっくりと太陽光の力で天日塩を作っていきます。夏場路上の鉄板を想像してみてください...夏場のパピタ内は約70℃の灼熱の世界。土器は触れたら即火傷するほどチンチンに熱せられ、一週間で約300ℓの海水が蒸発します。月と太陽の恩恵を受け、浪漫に満ちた塩を作る。私にとってこれ以上恍惚な仕事はありません。

木桶にがり濾過・すり鉢粉砕

製塩工程においては製塩土器を始め、自然素材を用いております。程よく緩くなった木桶に出来立ての塩を入れるとスキマから滴り落ちる液体がニガリです。木桶である程度ニガリを濾過した後 天日干しにて乾燥、甕熟成を経て直径60㎝の特大擂鉢にて粉砕し、パッケージします。当初 鯛の浜焼きやレストラン使用での製造を考えていましたが、お客様から『そんなにこだわった塩なら買いたい!』という声が多く寄せられた為、販売する経緯となりました。お店では想像以上の売れ行きにパッケージが全く追い付かない現状であります...(涙)

 



◇ 天空の塩パピタ ご注文フォーム

(飲食店様は最下部の専用ページよりご注文下さい。)

※お届けまで7日前後頂戴いたします。

お支払いはご請求書を商品に同封させて頂きますので

銀行振込  ( 三井住友銀行・ゆうちょ銀行) お願い申し上げます。

 


メモ: * は入力必須項目です


◇ 飲食店様専用ご注文フォーム

 

飲食店でお使い頂ける場合、応援と感謝の気持ちを込めまして

業務用価格にて販売させて頂いております。

※お届けまで7日前後頂戴いたします。

お支払いはご請求書を商品に同封させて頂きますので

銀行振込  ( 三井住友銀行・ゆうちょ銀行) お願い申し上げます。

 

メモ: * は入力必須項目です

※送信ボタンを必ず押して下さい。