天空の塩 パピタ

( ↑天空の塩職人 パピタとパピスケ 髙田歳三作 )



高知県の塩職人 田野屋塩二郎さんに塩をオーダーに伺ったのが2015年。

 

『瀬戸内海の海水で塩を作ったら絶対に美味しい。』

 

塩二郎さんにそう云われて以来、尾道の海水での塩作りを6年間行ってきました。

様々な製造方法を模索する中で、納得のいくクオリティと規模感も一昨年より明確となり

昨年からは店舗用以外にもギフト用の鯛の浜焼きにも自家製の塩を使用しております。

(手土産用は輸入天日塩を使用しておりますが、今後は全量自家製塩にするつもりです。)

 

今後、より質の高い塩作りを持続可能な形で継続できるよう、2020年から図面と構想を描いていた塩工場

『 天空の塩パピタ 』の施工がいよいよ2022年の幕開けと共に始まりました。

 

弊社屋上に木製の製塩ハウスを建設し、中心部には薪ストーブを設置。

春から夏に掛けては完全天日塩の製造、秋から冬に掛けては薪ストーブでハウス内を温め

間接的に海水を温める薪火天日塩という独自製法で塩作りに取り組みます。

(勿論、薪ストーブの上で釜焚き塩も作ります。)

 

製塩の際に使用する器も私が自ら掘ってきた地元の土を用いた製塩土器(約36cmの平鉢)を

向島東製陶所 惠谷幸史さんに作製(初版100枚)頂き、ハウス一面に土器を並べ

ゆっくりと時間を掛けて海水を蒸発させていきます。

 

使用する海水も満月の最もエネルギーに満ち溢れた時に手汲みし、

地上3階部にあたる屋上まで手運びします。

 

 

 さぁ、ここからが本題です。

 

 『何故、塩を作るのか?』

 

地に根差した料理を探求する上で、食の根幹となる水と塩。

これらが地元のものである事はもはや当然のことだからです。

 

そして何より、私共で製造しております鯛の浜焼きの原材料は

『鯛』と『塩』のみから作られます。地元の漁師さんが地場の豊かな漁場で

獲った天然真鯛を朝締めの状態で常時仕入れ出来る尾道という町では

縄文時代より塩作りが行われておりました。

 

地元の方々に誇りに想って頂ける料理となるよう、鯛と塩と人。

全て尾道産 真の郷土料理と呼ぶに相応しいものにしたかったからです。

 

世界中の質の高い食材が安価で入手出来る現在。

100万を超える設備投資を行って製塩ハウスや製塩土器を作成し、

海水を手汲みし屋上まで運び、天日塩を作るという行為は非常にクレイジー。

 

 

 

人生は一度かぎり。

 

 

 

だからこそ鯛の浜焼きという浪漫に満ちた崇高な料理を命懸けで作り、

 

次の世代に厚みをつけて紡ぐのです。




目には見えないものを畏れ・崇めた太古の昔。

海水を煮詰めて出来上がる不思議な白い結晶も、きっと神聖なものであったと思います。

科学や技術が進化した現在の私たちは、目に見えるものしか信じる事が出来なくなってしまいましたが、この天空の塩工場には塩職人パピタとパピスケが今日もせっせと塩づくりに励んでいるのです。